復縁したい男性が取るべき行動・立ち回りまとめ

復縁したい男性が取るべき行動は、復縁した時に前の問題点が改善されていて、昔の良かった時のような状態をイメージしてもらう事が出来るようにするという事を考えて行動しなければなりません。

別れたきっかけとなった問題行動を改善する

つまり、問題点が何かによってその行動すべき事も変わってくるという事になるという事です。例えばお金にだらしないという事が問題点だったとするのであれば、それが改善されているという事を示すという事をする必要があるわけですね。

家計簿をつけてそれを見せるというような事をするべきでしょう。こうした事は目に見える形として出てくるので、効果的に復縁をする事につながる可能性があると言えるでしょう。

女性というのは極めて計算的に行動するという事がありますから、問題は目に見える形で改善されているという必要があるわけです。それが例え心の中の問題であっても、目に見えて分かるというような状態にするように行動しなければならないという事です。上記の例で言えば家計簿がその目に見える形ということになります。

男性が例えどんなに節度ある行動をしていたとしても、それが目に見えなければ女性からすると意味はありません。既に過去に問題となって分かれているという現実がありますから、それを重視して言葉で自分は改心したといっても女性は疑う事を止める事はないのです。ですが、家計簿という目に見える形で示されるということになると、これは明前の事実ということになりますから、信じるに値するというように考えられるという事になります。

しかも、家計簿はそう簡単に作れることでは無いということは知っていますから、こうしたことをしているという事を評価する傾向があるという事はあるかもしれません。

ただし、女性側も復縁を望んでいる場合に限る

ただ、そのような場合でも成功するは女性が復縁を望んでいる時だけだという事は考えておく必要があります。復縁はしたいけれども昔のままでは駄目というような場合には、この問題点を解決している事は高く評価されることになります。何故なら、実績として既にある事も明確ですし、何よりそうあって欲しいという願望がありますから自然と評価をするという事になるという訳。

ですが、既にシャッターを閉じで交渉の余地なしというようにしている場合にはどのような事をしても復縁が叶う事はありません。女性は男性とは違って極めて冷静に現実を考えているので、昔の事に興味はないのです。そして、自分がシャッターを落とした相手に対しては極めて冷淡になる事が出来るという事があります。

何しろ自分の中で既に終わっているということになるわけですから、そのような状態では何を言ってもそれが耳に届くことはありません。既に心のシャッターは降りていて、別の人を探しているか、既に別の候補がいるのかというような状態になっていますから、まずどのような事をしても可能性すらなく、取り付く島もないという事になってしまう事もあるわけです。

元カノと復縁したいなら考え方の違いを意識する

これは性別の違いによる本能の違いということですから、男性と女性とでは全く考え方が違うという事を考えておく必要があります。男性は子育てなどの事がありませんから、常に女性を求めるということになりますが、女性の場合は子育てがあるので、常に自分と子供というものが中心にあります。

男性はいわばその為の存在であり、自分や子供に必要ないというものであれば、簡単に切り捨てる事が出来るという事になっているわけです。そうしなければ、自分の身が危ういというように感じる事もあるでしょう。

何しろ既に別の男性を捜しているというのであれば、昔の男性ほど邪魔なものはありません。物というように敢えて表現しましたが、既に昔の男性はモノというように考えられているぐらいの認識で正しいという事になるのかもしれないのです。