一度距離を置いたら復縁できないって本当? 距離を置いて復縁できるパターンとは

カップルの関係が悪くなってきたときによく選ばれる対策として、しばらく距離を置くことが挙げられます。しかしこの方法には危険性があることを覚えておく必要があります。

一度距離を置いてしまうと、もう復縁できなくなるケースも多いからです。もちろん、見事に復縁できるケースもあるので見極めが重要になります。距離を置いても大丈夫なパターンを確認しておきましょう。

距離を置いても大丈夫? 復縁が成功する距離の置き方

大前提となるのは、お互いに好きだという感情が残っていることです。それが何らかの理由で隠れてしまっているだけなら、いったん落ち着くことによって、また元の戻れる可能性が高いといえます。

ポイントになるのは、好きだという感情が残っているかどうかの判断です。もし一緒にいる時間が長すぎて喧嘩が増えていたのであれば、距離感を調整することで関係を修復できる可能性が高くなります。

離れているうちに、一緒にいたときのイメージが何度もよみがえり、寂しい気持ちになってくることが多いです。1カ月以上経ってもいっこうに寂しくならないなら、もう終わりだと考えたほうが良いでしょう。

実際に距離を置く前にリアルに想像してみてください。1カ月後の自分がのびのびと輝いているなら、深層心理ではもう復縁を望んでいないと分かります。

もし不安な気持ちで押しつぶされそうなら、きっと相手に会いたいと考えるようになるでしょう。この方法によって少なくとも、自分の内面や将来的な行動は予測できます。

相手の行動を観察する

とはいえ、相手のことが予測できなければ、うかつに行動には移せません。ここで大事なのは相手をしっかりと観察してみることです。分かりやすいのは喧嘩をしたときの様子です。

必死に自分の気持ちを伝えようとしているうちは、まだ良好な関係に戻れる可能性が高いと判断しても構いません。何とかして分かりあおうとするのは、付き合い続けたいという願望があることの証明だからです。

言い換えると、喧嘩をしたときに、何も言わずにその場を去るのであれば要注意です。冷静になって話し合うための行動であれば良いのですが、実際にはそうでない場合もあります。

もう分かりあうのは無理だから、せめて不快な気分になる時間を減らそうとしているだけかもしれません。その状態で距離を置いてしまうと、不快な気分を味合わなくて良いことに喜びを見出す可能性があります。

そうなると元の状態に戻りたくないと考えてしまうでしょう。すなわち、復縁するより一人でいることを希望するということです。このように、相手の振舞いのパターンによってある程度は判断できます。

周囲に異性がいないか

また、お互いが置かれている環境によっても変わります。たとえば、恋人の周辺に魅力的な異性がいる状態で距離を置くのは危険です。

冷静に自分と比べられて、そちらに引かれていく恐れがあります。自分に関しても同様に考えると良いでしょう。周辺に魅力的な異性がいるなら、恋人と比べてそちらに引かれるかもしれません。

すなわち、離れているときに2人の障害になるような人物がそばにいないことが重要です。そのような懸念のないパターンであれば、冷静にお互いのことを見つめ直すことができて、結果的に復縁にいたる可能性は大いにあります。

忙しさはどうか

また、2人を取り巻く状況に注目することも大切です。たとえば、資格試験の勉強が忙しくて、ストレスが溜まって不仲になってしまうケースもあるでしょう。

その場合は、資格試験が終わるまで距離を置くのは悪い方法ではありません。無理やり会っていても逆効果になりかねないので、潔く会わないように決めるのです。

分別のある相手であれば、素直に受け入れてくれます。このように必要性に迫られていることが原因であれば復縁は十分に可能です。