復縁したい男の行動・特徴とは?

反省したふりをする

復縁したい男の行動で特徴的なのは反省しているふりをしているという事です。

男性の行動は極めて自己中心的な考え方に寄る事が多いので、自分の思う通りになれば、それが当然という事になり、そうならなければなるようにするという事を考えるようになります。

復縁をするという目的が出てきたのは、ある意味では過去の事を後悔しているというよう見せかけるという事をしているのが特徴という事になる。

必要以上に優しくなるなら注意

昔はどうかしていた、あれは本心ではないというような事を言うようになるのが、その特徴的な所という事になります。そして、必要以上に優しくなるという事も特徴として言って良いのかもしれない。いってみればこれだけ自分は反省しているので許してくださいというようにしているわけですが、これが真実、心の奥底から反省している人はほとんどいません。

単にこれまでの生活では当たり前のようにあったものが無くなってしまって、それが不満なので、再び取り戻すという事を考えているに過ぎないというように考えて良いでしょう。

人はそう簡単に変わらない

人はそう簡単に自分の考え方を変えたりするような事はほとんどない。ですが、復縁したいという自分の目的があるわけですから、それに対して努力をするというのは男性からすると当然の行動という事になり、それを認めさせるのが自分の意義というように考えたりするようになります。ですから、その行動で復縁を許すのかどうかは慎重に検討しなければならないという事が言えるのかもしれません。

反省することはない

基本的に男性は反省をするような事はないと考えた方が良いでしょう。

理性でこれまでの行動を律することが出来る人は極めて少ないという事が言えるはず。何故なら、男性は所有することを求めるという事がその性分として本能のところからくる衝動というようになっているからです。

占有欲というように言っても良いかもしれません。特に過去に自分の物であったものに対しては、それが当然という意識がありますから、その意識が変わることなどないわけです。

女性をモノ扱いする

ここで女性を物のように扱っているのは、男性の考え方を特徴的に言っているからで、決して女性を蔑視しているというわけではない。男性は自分の存在価値を示すことで女性にモテて子孫を残すという事が出来るようになる。そして自分の存在価値を最も簡単かつ効果的に見せるという事が出来るのが自分が所有している物で見せるという事になるわけです。

動物などを見てもオスは極めて様々な自分の物を誇示するという事をしているはずです。それが巣である場合もあれば、己の肉体である場合もあります。つまり、所有するという事で自分の遺伝子は強い、若しくは価値があるという事を証明しようとしているわけで、一つ自分の物になれば、更に次を求めるというのは男の性としかいいようがない。

失ったものに固執する

ですから、失ったものに男性が固執するのも当然で、男が失うという事は自分の価値の否定にすらなりかねませんから、復縁を画策する男性が考えているのは反省ではなく、自分の失地の回復ということです。これが理解出来れば、男性の行動のほとんどが理解できる用になるのかもしれません。男性と女性の違いはこの自分の価値をどのように考えるのかの違いという事にもなるのかもしれない。

男性は自分自身の存在価値を周りに認めさせることで、自分の価値を表現しなければなりませんが、女性の場合は自分と自分の子供を育てる事で満足感を得るという事になるので、自分以外の物を集めてそれを誇るというような事の意味すら分からないという事になるというわけです。ですから、男性の復縁したいという意図がなかなか理解できないという事も良くある事で、これが男性と女性の大きな違いでもあります。