復縁して結婚できるか霊能者にみてもらうのはアリ?ナシ?

復縁して再び結婚ができるか、それを霊能者にみてもらうことは、誰でも一度は考える方法の一つです。

アリかナシかと問われれば、今後の可能性や将来の選択を知る切っ掛けとなるので、アリと答えることができるでしょう。

復縁の可能性があれば安心できますし、希望を持って目標へと行動が行なえるようになりますから、前向きになれる確率がアップします。

また、より具体的な方法やヒントが得られるケースも珍しくないので、実績が豊富な霊能者に相談してみる意味は大きいです。

実績がちゃんとしているかどうか見る

ポイントはやはり、能力や実力が不明な実績が良く分からない相手よりも、実力があってこれまで多くの人の悩みに耳を傾けた相手を選ぶことです。

長い人生に関わる言葉を聞くわけですから、信頼できたり頼りになる相手を選択する必要性があるのは当然です。

相談相手選びのコツとしては、恋愛や離婚問題に詳しい霊能者をリストアップして、中でも復縁が得意な人を絞り込む点にあります。

リストの中には、専門的に相談に乗っている人もいる位ですから、期待して相手探しを行うことができるでしょう。

対象は幅広く、身近な人に限らずインターネット上で活躍する人も含めて、候補をリストアップしていくことをおすすめします。

▼10年以上の運営実績があっておすすめの電話占いサイト
【電話占いヴェルニ】

相談する前での注意点

相談を始める前には、一度気持ちを再確認して整理を済ませたり、具体的にどういった形で気持ちを伝えるのか検討するのが基本です。

相談者に混乱が生じていると、相手は正確な判断やアドバイスができませんから、興奮を落ち着かせつつ話す内容を決めましょう。

最後まで耳を傾ける

次に、どのような内容のアドバイスであっても、最後まで耳を傾けて全てを受け入れる覚悟が問われます。

例えば、復縁したい相手に新たに恋人ができていたり、その人と深い絆で結ばれ、長く寄り添い続ける可能性があると告げられることも考えられます。

しかし、霊能者は相談者と新しい恋人を天秤に掛けて、どちらに縁の深さがあるか判断することができます。

これで将来的な可能性が判明しますから、そこに賭けて相談してみる価値があるというわけです。

逆に全く相談をしなければ、気持ちがモヤモヤしたままで毎日を過ごすことになったり、相手への思いばかりが募って気がおかしくなり得ます。

すべてを鵜呑みにしない

極端な場合は相手のあとをつけて監視したり、生活に干渉しようとするケースもあるので、何かに取り憑かれたかのような、そうならないように気を付ける必要があります。

仮に信頼できる霊能者にNOと告げられても、気持ちを諦めて次へと切り替えできますし、人生を台無しにせずに済むようになります。

反対に、復縁の可能性ありで具体的なアドバイスも得られれば、焦らずに目標やゴールを目指す道標が実現します。

復縁したい相手に対し、霊的に干渉して他の恋人と別れさせる霊能者もいますが、こういったやり方だと後々しっぺ返しを食らうので、あくまでも相談に留めるのが賢明です。

相談する相手は一人に絞る

現状や将来を見てもらい、役立つアドバイスを得るのが目的ですから、相談時には欲を張り過ぎないこともまたポイントとなります。

相談する相手を決めたら、セカンドオピニオンのようにあれこれと意見を聞いて回らないことも肝心です。

話を聞く相手によって答えが変わるケースは少なくありませんが、それはコロコロと相手を変えてしまうことが原因です。

折角前向きなアドバイスが得られたり、将来の結果が変えられる切っ掛けがあるとしても、浮気症のようにあれこれ相手を変えるのは厳禁だといえます。

一人を決めたら一途な思いを成就させるかのように、耳を傾け続けるのが理想的な相談方法になります。

その基本を守ることができるのであれば、数ある選択肢の一人だけを選び抜き、思いをぶつけて役立つ答えが得られるようになります。