復縁して結婚できる確率はどれくらい? 一度別れているメリットとは?

復縁によってよりが戻せる結婚確率は、統計によって約2割程度ということが判明しています。

これを高いとみるか低いと考えるかは人それぞれですが、決して確率的に低いわけではないようです。

むしろ、可能性を信じたり数字を大きく捉えられれば、前向きによりが戻せることになり得ます。

復縁して結婚できる確率は高くはないが、低すぎるわけでもない

4組から5組中に1組の割合で再び一緒になっているので、そう考えてみると期待や希望が感じられるはずです。

数字が1割台だったり、更に低ければ夢も希望もなくなりますが、確率的には十分に期待できるものでしょう。

世間の復縁と結婚確率が分かった後は、この数字を少しでも高める方向で取り組むのがポイントとなります。

別れるのに理由があるように、よりを戻すのにも切っ掛けが必要ですから、2人の時間を増やして関係を修復するのが先決です。

ただ、焦っても相手に必死な印象を与えるだけですし、急いでそれが上手く行くとも限らないので、時間は気にせずにタイミング重視で関係修復に取り組むのがベストです。

関連:
【保存版】復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目

復縁からの結婚確率を上げるには

最低の確率に目を向けても、復縁を経て結婚に至る可能性は2割もあるわけですから、焦る必要は全くないといえます。

結婚確率を少しでも上げたいのであれば、失敗を振り返って次に活かしたり、別れたメリットを上手く活用するのがコツです。

別れることで得られるメリットとしては、やはり距離を置いてお互いの関係を見つめ直せる、環境の変化が挙げられます。

何時も一緒にいると、カップルは距離感を見失って度をこしたり、相手の領域にズカズカと入り込んでしまいがちです。

知らぬ間に傷つけてしまう場合や、心理的な距離が離れてしまうケースもあるので、状況を客観的に観察することが重要となります。

一度別れている2人の間には、そうした貴重な機会やチャンスが与えられていますから、関係性を見つめ直せることこそが最大のメリットです。

自分のことを見つめ直す

また、自身の人生や生活に専念できるようになるので、自らのことを見つめ直す切っ掛けも得られます。

性格の欠点や相手との関わり方における間違いなど、冷静に観察したり分析して、次に活かせるヒントが手に入るというわけです。

お互いが失敗の理由に気がつき、間違いを反省してもう一度やり直したいと感じたら、それが自然と復縁のチャンスに変わります。

結婚するかどうかは別にしても、2人が新たに良い関係を築く切っ掛けが手に入るので、別れることは決してネガティブな部分ばかりではないです。

関係の修復に取り組む

復縁したいと感じられるような、関係の修復や構築を進めることができれば、自然と結婚が話題に上って考え始めるようになるでしょう。

結婚確率は2割くらいですが、よりを戻せているカップルはそれ以上いますし、結婚しなくても良い関係を保っている、そういった人達も少なくないと考えられます。

結婚確率の数字は、あくまでも情報の一部分に過ぎませんから、これだけを見て可能性やチャンスを判断してしまうのは間違いです。

しかし、復縁が結婚確率に影響しているのは確かなので、まずは失敗を認め見詰め直して、関係の修復に取り組むのが現実的です。

焦りはどのタイミングにおいても妨げなりますから、失敗を避ける為に結果ばかりを追い求めるのは厳禁です。

ポジティブに捉えれば復縁結婚は可能

一度別れてしまったことも、後ろめたい世間の負い目に感じるのではなく、お互いや自身を見つめ直す機会と捉えることをおすすめします。

これなら後ろめたさはありませんし、次に活かせる前向きな失敗だと思えるので、考え方に重要性があるといえるでしょう。

昔から失敗は成功のもとといいますし、人は失敗しながら二度と繰り返さないように学ぶ生き物なので、一度くらいは誰でも許されます。

一緒にいた人とよりを戻したかったり、結婚をしてやり直したいと感じているならば、2割の確率に自信を持って再挑戦することができます。