復縁して結婚までうまくいくパターンと立ち回り方

復縁とは様々な理由により、ある関係を持っていた人同士がお互いに関わりを持たなくなったり切ってしまった状態から元に戻ることを意味します。

その言葉を使うということは以前友達や親友、あるいは恋人であったり1つの家族として一緒にいた人と別れてしまった状態等、他人と寄りを戻したいという気持ちがあることが分かります。

一度付き合っていた恋人と復縁して結婚したくなる心理

関係の再構築がめんどくさいから

どんな関係であれ、一度深く関わりを持った人と何らかの因果で別れたり、喧嘩やもめ事で関わらなくなったとしたら、普通は今まで関わったことのない人と新しい出会いや関係を持つことを考えるでしょう。

しかし関わりを一切持ったことのない新しい人と関わるとなると、自分のことをまた一から知ってもらう必要があり、自分という人間を理解してもらうのに時間がかかります。

以前のことを割り切り新しい関係を作ろうと割り切れている人は、新たに関係を持つ人たちと仲良くなったり相性が良ければお付き合いや結婚に発展することもあるでしょう。

出会いが少ないから

学生時代の友達と同窓会で再開してお付き合いがスタートし、そのままゴールインしたという話を聞いたことはありませんか?

このように、以前仲良くしていた人とふとしたことから再開してゴールインすることはよくあることです。

ではなぜ他の人と結婚しないのかというと、単純に出会いがないから。

職場や趣味のコミュニティで恋愛関係となってしまうと、人間関係のこじれなどから気まずくなってしまうことがあり、できることならコミュニティ外で恋人を作りたいと思う人が多いです。

そこで以前所属していたコミュニティの人と偶然再開して交際するというパターンが生まれてくるのですね。

簡単に復縁できるわけではない

ですが、全員が全員同じように気持ちの整理や割り切りが出来るわけではありません。

過去を振り返らないと割り切りができない人は関係の修復を望むこともあり得ます。

どのような場合で縁を切ってしまったのかにもよりますが、よほど一生関わりたくなくなるようなことを言われたり、された、或いはしてほしくないことをいくら言っても改善してもらえなかったりやめてもらえなかった等、誰が聞いても否定的に捉えられるような理由で決別したのであれば復縁の可能性は皆無に等しいでしょう。

▼そんな場合でも復縁できる方法はこちら
【保存版】復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目

ただし、全く逆に肯定的であったり、前向きな事情で別れざるを得なかったなどであれば、もう一度寄りを戻したいと願うことがあるのも現実ではありえます。

これは一例にしかすぎませんがこういった前向きな理由の場合は、もう一度復縁したいと思う人もいます。

遠距離恋愛はうまくいかない

お互いすぐに会える環境にあり、好きという気持ちが大きい恋人同士が一方のどちらかが遠くに引っ越さなければならない、または仕事で海外に住まなければならないなどで、どうしても別れを強いられることもあるでしょう。

遠距離恋愛は、会える機会や一緒にいられる時間が少なくなるため熱が冷めてしまい自然消滅することもあります。

失敗するリスクはある

しかし一般的に復縁は成功するよりも失敗に終わる事が多く、関係を修復できるどころか更に悪化する可能性が大きいのが現実です。
実際にそうした人が後に関係が続いているか、或いは良好な関係でいられているかという調査をしたところ、半分以上の人が最終的に別れてしまったという結果が出ています。

また性別ごとに元の関係に戻りたいと言う理由に違いがあることも分かっていますが、それでも失敗する場合が多く、結婚までに至った人は1割にも満たないのが現実です。

復縁がうまくいくパターン

そんな僅かな可能性ですが復縁した相手や恋人と結婚して上手く行かせるには、過去のかつて付き合っていた頃の姿を持ち出さないこと、別れてしまう原因となった部分や性格や態度をお互いに改善すること、お互いを認め合うことが大切です。

以前に関係を切ってしまい何らかの事情で元の関係に戻ると、いざ付き合いを続ければ喧嘩をすることがありえるかもしれません。
そうなったときに過去の付き合いの頃のことを出してしまうと、せっかく新たに付き合おうと思っている新鮮な気持ちに影を落としてしまい関係の悪化につながってしまうことがあります。

再び付き合うことになった時は過去を持ち出さないことです。

関係を切ることになった原因を改善するのも気持ちを新たにして友好に付き合っていくためのポイントです。

悪い部分が改善されていなければ、すぐに別れてしまうことになるでしょう。

お互いを認め合うというのは、どうしても直せない短所などは受容し受け止めることが大切で、無理に改善させようとするとこれも決別の原因になってしまいます。

復縁した相手とは、誰であっても上手に付き合うことが大切だと言えます。