社内恋愛の元カレと復縁するにはどうすればいい?同じ職場で気まずい場合は?

出会いの場として職場はとても多くて、社内恋愛が結婚につながるケースも少なくありません。上手くいく場合は良いのですが、別れてしまった時には周りにも気を使わせてしまいますし、会社に居づらいと感じる人も多いようです。

気まずいのは一時だと思って普通に過ごそうとしても、頻繁に顔を合わせていたら穏やかではいられません。しかし、気まずいということはまだお互いを気にしている証拠であり、全く縁が切れたわけではないという見方もできます。

職場が同じ元カレと復縁したい場合の立ち回り

他の異性と仲良くしてみる

相手をまだ想っていて、できれば復縁したいと考えている時には、元カレが嫉妬深いタイプなら他の異性と少し仲良くしてみるのも良いかもしれません。

別れて間もない時には男性はまだ自分のものという感覚が残っていますので、他の人と仲良くしているのを目の当たりにしたら改めて大切さに気付くかもしれません。

やり過ぎは禁物ですので、過度なボディータッチや強烈なアピールはNGであり、その人に勘違いされないようにという根回しも必要です。

効果的なのは、趣味の話で盛り上がったり飲みに行く約束をしたりといった一般的な同僚よりも少し仲が良いという見せ方をすることであり、これ見よがしな行動は逆効果です。

特定の人と話す時だけ笑顔になったりといった些細なことでもやきもちを焼いているような行動が見られたら、元カレはまだかなり意識していて、別れたことを後悔していると考えられます。

やきもちを焼く人は、気になるシーンを見かけたら間を開けずにコンタクトを取ってくるはずですので、そのチャンスを逃さないようにしましょう。

破局の要因となった部分を治す

相手からふられてしまい、その原因が明確な場合には、問題となった部分を直してもう一度アピールするというのもおすすめです。

最初は元カレの方が見向きもしてくれないかもしれませんが、普通に振舞って接する機会を増やしていくうちに変わったことをアピールするチャンスがやってきます。

警戒されてしまうとアピールするチャンスも生まれませんので、最初は復縁したい気持ちを隠して、単なる同僚のつもりで接することが大切です。

特別な目で見ていないことを分かってもらえたら、警戒心も解けて普通に会話をしたり一緒に飲み会に参加することもできます。

とにかく一緒に過ごす時間を作らなければ意味がありませんので、好きな気持ちは隠して行動することが重要であり、そのチャンスが巡ってきたら失敗しないように細心の注意を払いながら行動するべきです。

参考:
【保存版】復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目

仕事に全力を尽くす

仕事にストイックに取り組んでいるような元カレであり、自分にも他人にも厳しいタイプなら、現在抱えている仕事に全力を注ぐというのも良い方法です。

以前よりも頑張っている姿を見たら、見直してくれるかもしれません。

この場合は少し頑張るくらいでは相手の気持ちを動かすことができませんので、以前とは比べ物にならないくらいの勢いで取り組む必要があります。

懸命に頑張っている姿を見ると彼女が変わったと思い、そんな姿を愛おしいと思う男性は多いようです。職場が同じだということは頑張っている姿を見せるチャンスはいくらでもありますし、噂でも伝わりますので、とにかく全力で仕事に取り組むようにします。

まず現状を変えるアプローチから

顔を合わせるとまだ気まずいと感じていて、相手もそのような素振りならまだ気持ちが残っている可能性がありますので、諦めずに復縁までの道のりを描いてみましょう。

気まずくて普通に話せないような状況でも、ずっと同じということはありません。現状を変えるために自分が動けば状況も変化しますので、まずは自分が何をしたら良いのかをしっかりと考えて、必要な策を講じることが大切です。

新たな魅力を見せることができれば復縁できる確率もぐっと高まります。