彼氏と別れた!振られて辛い、寂しいときの対処法は?

恋愛をしている時には楽しいことが色々とありますが、それが終わった後には寂しさが残される場合が多いものです。大好きだった彼氏と何らかの理由で別れてしまったら当然寂しいものですよね。

自分はまだ好きなのに振られて辛いと感じているような場合には、特に大きな寂しさを心に抱えてしまうことでしょう。

しかし、いつまでも寂しいと思い続けていても未来が開けるわけではないので、寂しい時の対処法を考えることが肝心だと言えます。

まず復縁できそうか考える

その対処法としてまず挙げられるのは、もう一度別れた彼氏との関係を修復しようとしてみることです。自分の心の中にはまだ、その男性のことを好きだという気持ちが残っているのですから、その気持ちを押しとどめるのではなく素直に伝えてみるのです。

もちろん相手に一度振られているわけですから、以前のような関係を取り戻すことは多くの場合不可能かも知れません。しかし、相手が別れを切り出した理由によってはもう一度恋愛関係になれる可能性もあるので、気持ちを伝えても全く無意味ではないでしょう。

ただし、相手に対してさらに嫌な印象を与えてしまう恐れがあるので、あまりにしつこく自分の好意を押し付けてしまわないようにすることが肝心です。

例え相手に拒絶されたとしても、自分は出来るだけのことをしたという満足感が得られて、気持ちがスッキリすることも考えられます。

詳しくは「復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目」のページでも書いているので、どうしても復縁したいなら見てみましょう。

【保存版】復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目

自分を振った理由を聞いてみる

相手がどうして自分を振ったのかが分からない場合であれば、その理由を尋ねてみるのも良い対処法となります。

理由が分からないままでは、いつまでももやもやとした気持ちを抱えてしまって、寂しさを吹っ切るまでに長い時間がかかってしまうことがあるからです。

その答えを聞いて納得が行けば、それだけで気分が軽くなることが期待出来ます。

もしも理解出来ないようなおかしな理由で振られたのであれば、そのような男性とは別れて正解だったと思えるかも知れません。

また、この方法には気付けていなかった恋愛における失敗の理由や自分の問題点を知ることが出来るので、それを次の恋愛に生かせるというメリットもあります。

ここまでは前の彼氏とコンタクトを取るという形での対処法を見て来ましたが、それらとは別の方向性のやり方も色々と考えられます。

別れた彼氏と復縁したい!元カレと連絡を取るきっかけはなに?

なにかに没頭してみる

寂しい気持ちを紛らわせるために何かに没頭してみるというやり方のは、その中の代表例と言えるものです。

例えば映画鑑賞・ドライブ・料理・ウィンドウショッピングなどの自分が好きな趣味がある人は、休みの日にはその趣味に集中して、終わった恋愛のことを考えないようにするのです。

そのように好きなことをして楽しい時間を過ごしていると、辛いことを頭に思い浮かべて気分が暗くなるようなことがなくなり、気持ちが自然と明るく前向きになって行くことが期待出来ます。

イギリスの実験によれば、ネガティブなことを繰り返し考えてしまいがちな人は緑の中を散歩するだけでも、嫌なことを考えなくなるという結果も出ていますよ。

空いた時間で新しいことにチャレンジする

自分には没頭できるような趣味がないと言う人は、関心はあったけれど今まではやったことがないことに新しくチャレンジしてみましょう。

きっと自分の世界が以前よりも広くなって、寂しい気持ちを消し去ることが出来ます。

家族と過ごす時間を増やす

また、家族や友達などの親しい人と一緒に過ごす時間を増やすのも良いでしょう。

家の中に自分一人だけでいると、どうしても前の恋愛について思い出してしまいがちなので、家族や友達に会うために外に出て行くのです。

自分の身近には親しい人がいないような場合であれば、電話やメールでのやり取りでも良いので、何らかの形で誰かとコミュニケーションをとるようにするというやり方もあります。

そのようにして連絡が出来る相手もいないのであれば、大勢の人がいる賑やかな場所を訪れて、寂しさを紛らわせるというやり方が考えられます。

ここまで見てきたように、振られて辛い時の対処法には色々なものがあるので、その中から自分に合ったものを見つけて実践してみると良いでしょう。