元彼と音信不通の絶縁状態に!このケースでの元カレの心理と復縁方法は?

ちょっとした切っ掛けや小さな喧嘩が原因で別れてしまうカップルはたくさんいます。

ふたりとも納得ずくで別れるのであれば、気持ちを切り替えて新たな彼氏を見つけるように努力すれば良いのですが、中にはきちんと話し合いをしないまま、音信不通になってしまったという例も少なくはありません。

そんな状況で新しい彼氏のことなど考えられないというのは、ごく当たり前のことですから安心してくださいね。

以下から具体的な元彼の真理と復縁方法について書いていきます。

喧嘩別れにおけるあなたの心理状態

喧嘩別れのように音信不通となってしまうと、あなたには今後以下の2つの状況がよく起こりえます。

  1. 長い間元彼を引きずりながらも新しい彼との出会いを積極的に探そうとする女性
  2. 元彼との復縁を願い続け、なかなか前へ進めないという女性

復縁は難しいと良く言われますが、場合によってはまったく無理だということはなく戦略次第では元彼の愛情を取り戻すことは十分に可能です。

音信不通にした彼の心理状態

音信不通にした彼の心理状態は、とにかく面倒臭いのは嫌だといったところではないでしょうか。ですから、修羅場を避けて徐々にフェ-ドアウトするという道を選んだのでしょう。ですから、復縁を望むのであれば以前とは違う自分であることをわかってもらうことが肝心です。

取り留めのない軽い感じのやり取りから始めてみてください。そして、元彼から返信が来てもすぐに返事をするのではなく、程よい間隔でメッセ-ジを送ってみましょう。相手にやり取りしていて楽しいとか、前とは随分変わったなどという印象を持ってもらえば大成功だと言えます。元彼の方が好奇心と興味を持って相手の方から接近してくる可能性も大です。

音信不通という傍から見たら絶望的な状況から復縁を成功させるのは、決して容易なことではありませんが、焦らないでじっくりを長期戦で臨むことが成功への鍵だということを覚えておいてください。

どうしても復縁を成功させたい! というあなたは「復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目」のページも参考にしてみましょう。

【保存版】復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目

なんとなく音信不通になってしまった場合

何となく音信不通になって別れてしまったカップルは、多くの場合付き合っていた最後の方は、LINE等でメッセ-ジを送っても既読スル-されたり、電話にはまったく出て貰ええなかったという例が少なくはありません。

連絡相手としてブロックされてしまったり、電話番号やメ-ルアドレスまで変えられてしまったという場合は、元のサヤに収まるのはかなり難しいと言わなければなりませんが、既読スル-はされてもそこまで拒否をされている訳ではないという場合はまだ望みはあるので、諦めるのは早すぎます。

しかし、その場合でもすぐに彼にしつこくメッセ-ジを送りつづけることは絶対にしないようにしてください。彼はすでにふたりは自然消滅したと思っている可能性が高いので、ここで重たいメッセ-ジ等が届いたら逆効果であることは間違いありません。まずは冷却期間を置くということを肝に銘じておきましょう。

そしてその間に想像してみてください。音信不通に至るまでの彼の心理状態はどうだったのかということを考えることは、同じ別れを繰り返さないために非常に大切なことです。果たしてつきあっていた最後の方の自分は、彼にとって重たすぎなかったか、我儘ばかりを言っていなかったか等、自分の態度について思い返すのは将来の自分のためにもなることです。

絶縁状態でも冷却期間は必要

冷却期間は少なくとも3カ月くらいは必要なので、その間に元彼に連絡したくなってもここはグッと堪えてください。自分の中で反省と、今後の改善ポイントがクリアになったら音信不通だった元彼に思い切って連絡してみましょう。切っ掛けは新年の挨拶や、季節の挨拶でも良いですし、異動等で自分の環境が変わったことを「お知らせ」する形ならばなお良いかもしれません。

お知らせの形ならば、自分だけに連絡がきた訳ではないし、環境が変わったことをアピ-ルすることで、以前とは違う自分であることも理解してもらえる切っ掛けにもなります。