私の二番目の彼女との復縁について

私は大学時代に生まれて初めて女性とお付き合いを始めました。
彼女は大学2年生の春に私が所属していた大学のサークル活動を通じて知り合った女性でした。
そして彼女とは約2年付き合い、一度私の浮気が原因で大学3年生の3月に別れたものの、お互いが大学を卒業して就職した新入社員1年目の夏に私と彼女の共通の友人で大学時代のサークルの仲間でもあった女性に取り持ってもらい、私と彼女は復縁して交際を再開させたのです。

しかし、私は最初の彼女と復縁して結局その復縁での交際は半年も持ちませんでした。
原因は彼女の勤め先に既に彼女が好きになり始めていた彼女の同期の新入社員の男性が居り、彼女はその男性を意識する様になって私からは心が離れていってしまったのです。

そして私は入社2年目の春に最初の彼女であり復縁して交際を再開していた彼女と再び別れ、彼女とは二度と付き合う事はありませんでした。

そして私は一人きりの生活をその後2年送っていたのですが、彼女居ない歴が2年と2ヶ月ほどになりかけた時に、私と元彼女の復縁を取り持ってくれた大学時代のサークル仲間の女性から私の携帯電話に電話がかかってきたのです。
彼女は当時会社勤めをしていて、私の勤める会社とは業種が同じだった事もあり人づてにですが私は彼女の仕事内容や活動状況などを聞いていました。
彼女は一般職で事務員として会社勤めをしていて結婚はしておらず、大学時代の彼氏とは既に別れて4年が経っている、という事を私に電話で話してきたのです。

そして私達はいつしか実際に会って食事をしたりお酒を飲んだりする様になり、その内本格的に交際が始まりました。
一番目の元彼女には共通の友人である彼女と交際している事はお互いに話すのを止めておこう、と取り決めを私と二番目の彼女は決めました。
それはかつて元彼女との復縁を二番目の彼女が取り持った経緯があるからです。

そして私達はその後5年間以上に渡り交際を続けましたが、彼女が仕事を辞めて郷里に帰る事になってからは疎遠になってしまい、私達は別れてしまいました。

そして二番目の彼女と別れてから2年後に私は転勤で二番目の彼女の郷里である地方の県に赴任する事になり、郷里に帰って中小企業の事務員として働いていた二番目の彼女と再び出会って交際をスタートさせたのです。