復縁には冷却期間が必要!彼氏と復縁するためのコツ

復縁に冷却期間が必要というのは、よく言われていることですよね。でも本当に必要なの?と思うこともあるでしょう。

冷却期間を置くことにより、相手と離れてしまうことが不安な気持ちもあるでしょう。でも彼氏と復縁するためのコツとして、冷却期間をうまく活用することも出来るのです。

冷却期間はどれくらい必要?

交際していた相手と別れた後に後悔をしたのであれば、何とかして復縁をしてもとの関係に戻りたいと思うようになります。

連絡のタイミングを見計らうことが大事

別れた原因にも寄りますが、復縁を迫った場合元に戻れる可能性もありますので、タイミングを計るようにしなくてはなりません。

すぐに後悔をして何とかして元に戻りたいと思ったとしても、冷却期間を置かなければお互いに冷静になる事が出来ないでしょう。

相手がもしも冷静な状態になっていないのであれば、元に戻れるはずのもの戻れなくなりますので、タイミングを間違えない事です。

冷静になる為の冷却期間はどのくらい必要かというと、彼に振られてしまった場合には最低でも一週間は間をあけるようにし、出来れば一か月程度はあけたほうがいいといえるでしょう。

あまりにも早い段階で連絡を取ってしまっても、彼はまだ別れて良かったという気持ちが大きいはずですので、いくら連絡が気でもしつこいと思ってしまうからです。

別れて良かったと思っている所に連絡をすると言うのは、追われれば逃げたくなるという心理を働かせる事になるので逆効果になります。

そうなってしまうと、さらに復縁が難しくなりますので、彼に振られた場合は一定の期間を開けるようにしなくてはなりません。

自分から距離をおいた場合

自分から振ってしまった場合はどうすればいいかというと、数か月間の冷却期間をあけるようにしましょう。

子の場合も早い段階で自分から連絡を取ってしまうと、都合がいいと思われてしまってもいけませんし、別れ話は何だったのかと思われてしまうことになります。

どちらの場合にしても、あまり早い段階で連絡をするのは得策ではありませんので、少し我慢をして間をあけるようにしなくてはなりません。

しかしここで注意しなくてはならないのは、彼のおかれている状況を何も知らないままに連絡を取ってしまう場合です。

もしかすると新しい恋人が出来ている可能性がありますので、交際を始めたばかりの段階で連絡をしても意味がありません。

相手が幸せな状況であれば相手にされるはずもありませんので、彼に新しい恋人が出来ていないかを確認した上で連絡を取る方がいいでしょう。

新しい恋人が出来ているというのであれば、いつから付き合い始めているのかを確認して、交際が始まってから三カ月から半年くらいの期間をあけたほうがいいでしょう。

そのくらいの時期になると、新しい恋人の嫌な部分が見えてくる時期になりますので、元カノから連絡があれば心が揺れてしまうこともあるからです。

相手の心を揺さぶることが出来なければ、復縁をするのは難しいですので、相手の心理状態を確かめる必要もあります。

連絡を再び取った時の話題

久しぶりに連絡をした時は、いきなり復縁を迫るのではなく他愛もない話をするようにしたほうがいいでしょう。

そうすることで、相手に警戒心を持たれる事もありませんので、ゆっくりと相手に近づいていく事が出来ます。

上手く冷却期間を置いてみる事で、復縁の可能性が高まるようになり、幸せな生活を取り戻せるようになります。

早く連絡をしなければ自分の事を忘れられてしまうのではないかと不安に思う気持ちをどう抑えて行くかが大事です。

冷却期間を置くメリット

交際期間が長かった相手であれば、なかなか忘れることはありませんので、焦る必要はありません。

冷却期間を置く事によって、嫌な部分は忘れていくようになり、いい部分だけが素敵な思い出として心に残っていくようになります。

そうなった時がチャンスになりますので、嫌な部分を忘れてもらった時がチャンスの時と思うようにしなくてはなりません。

冷却期間が二人の距離を離していくのではなく、近づけてくれる手助けをしてくれるようになりますので、上手く利用していくようにしましょう。

なぜ別れたのか現実を見つめる

別れという現実を見つめることは勇気が要ることです。とても辛いこともあるでしょう。でもその現実を受け入れないでいると、いつまでも先に進むことが出来ません。どのような理由で別れたのかということを、よく思い出してみることも必要です。

自分が変わることでやり直せることなのか、それとも相手に変わってもらわないと無理ということなのかを考えてみるようにしましょう。こういうことを考えることにより、どうすれば復縁をすることが出来るかが見えてきます。

現実だと受け入れることが出来れば、そこから復縁のステップが始まったとも言えるでしょう。

二人の関係を整理する

一度は二人の関係を整理することが必要です。整理をしてしまったら、もう復縁は出来ないのでは…と思うかもしれません。でもそうではないのです。二人にとっての第二章を始めるためには、整理をすることが、とても重要になってきます。

でも復縁を望んでいるのであれば、連絡先を消すことは出来ないですよね。そうではなくて、プレゼントでもらったブレスレットや指輪を一度はずしてみるというようなことをすれば、自分なりに整理が出来るのです。

周りから見てたったそれだけのことでも、そうではないと思う気持ちがあれば、十分です。一度整理をするようにしてみましょう。そうすることで新鮮な気持ちを持つことが出来るのです。

復縁の方法について考える

すぐに復縁をしようとすると、復縁の方法を考える時間もなく勢いで復縁をしようとします。そういう方法では復縁が成功する確率が下がってしまうのです。どのような方法があるのかということを、考えてみましょう。

ゆっくりと考えることにより、二人にとってどういう方法で復縁をすることがベストなのか分かってくるのです。そして復縁をするのならこの方法にしよう!と決めることが出来るようになるでしょう。

ゆっくりと落ち着いて方法について考えるためにも、冷却期間は必要不可欠なのです。復縁の方法を知るためには、本を読んだりネットで体験談やブログを読んでみるのも良いですね。

自分にとっての相手の存在について考える

自分にとって、一緒にいて当然と思っていた彼氏と別れてみて、こんなに辛いものだったんだ…と分かることも多いでしょう。そして自分にとって彼はとても必要な存在で、彼がいなくては、自分は自分ではいられない…と思うかもしれません。

一緒にいる時は空気のような存在だったけれど、離れてみるとこんなにも苦しいということを知ることにより、自分にとっての彼の存在がどのくらい大きいものだったのかも分かることでしょう。

自分にとっての相手の存在が思っていたよりも、小さいものだったというパターンもあります。そういう場合には、もう復縁をしなくても良いかもと割り切ることも可能です。

自分のことを客観視してみる

自分や二人のことを客観視する時間も必要です。今は主観的にしか見ることが出来ていないことでも、時間をかけることにより客観視をすることが出来るのです。自分や二人のことを客観視することが出来れば、違う角度からこの恋愛について考える事が出来ます。

復縁についても、違う考え方が出来ることでしょう。冷却期間を置いて、客観視をすることも、復縁のコツの一つなのです。

どうしても復縁したい気持ちが強い…という場合には、「復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目」のページも参考にしてみましょう。

【保存版】復縁を成功させるために絶対にやっておくべき20の項目

まとめ

復縁には冷却期間が必要ということについて、お伝えしてきました。そこから復縁をするコツをつかむことも出来るようになるのです。自分なりにどのくらいの期間が必要なのかを考えてみましょう。ここに正解も間違いもないのです。