冷却期間を経ての復縁でした

dekita

わたしは大学時代、3年生4年生と2年間付き合った同期の彼女がいました。なんとなく、このままつきあっていけば、そのうち結婚するのかなとなんとなくですが感じていました。しかし、転機が訪れたのは就職です。私の就職はもともとは地元だったのですが配属先は地元をきゅうきょ、離れることになったのです。そのまま付き合い続けることになると思ったのですがおたがい、将来的なことをなんとなく考えていながらもいいだせないままに離れてしまい、自然に連絡も途絶えてしまいました。いわゆる自然消滅という形です。もちろん、わたしはそのままでいいとは思っていなかったのですが時間とともにその思いもなくなっていきました。

何しろ、お互い就職1年目ということで忙しかったこともあったのかもしれません。そんあこなで1年がたち、大学時代のメンバーで集まることになりました。わたしたちの自然消滅をなんとなく周囲も知っていたので誘いにくいところはあたのかもしれませんが、わたしは出席してみることにしたのです。さすがに彼女の方はきまずいのでこないだろうと思っていました。ところがひょっこりその宴会に姿を見せたのです。

さすがに最初はお互いも周囲も気を使って異様な雰囲気でしたがなんとなく話をするようになりました。

過去にはないくらいいつの間にか盛り上がり、1年前のお互いの気持ちを確かめないまま自然消滅してしまったことを後悔していることがわかったのです。この宴会以来、また連絡をとりあうようになりました。復縁して遠距離恋愛を始めることにしたのです。といってもお互い忙しかったので距離感は絶妙な感じでした。それ以来、また3年がたち、最近では結婚の話も出てきています。

22    24    12    できた    特になく、同窓会の連絡に応じて出席しただけ