彼女の優しさが好きだったが彼女は変わってしまいました

私が20代前半だった頃の話になるのですが、1つ年上の女性と2年以上交際していたのです。しかしその頃の私は正社員として働いておらずフリーターという身分のままで彼女と交際をしていて就職活動にも本腰を入れようとしなかったのです。そんな私に愛想を尽かして彼女から電話で別れを告げられて私も素直に了承したのです。

それからは家も近いといこともあり、何度か偶然に道端で会ったりしたのですが挨拶程度の会話で済ませて擦れ違っていたのです。別れから1ヶ月が経過した頃に急激に人恋しくなり、何となく彼女に電話をかけてしまったのです。

別れた男にも彼女は優しく接してくれて改めて彼女の重要性を再確認できたので、私の心の中によりを戻したいという欲求が芽生えてきたので彼女に新しい男性ができていないか遠回しに確認したのです。

するとできていないという事を確認したので私は就職活動を頑張って正社員になれるように努力をしました。おかげで運送会社に就職することに成功し、彼女に復縁を申し込む準備をしたのです。この時点で別れてから2ヶ月半となっておりました。

先ずは連絡を連絡をとらなければいけないと思い、彼女にメールをするといつも通りの絵文字付きの明るい返事が返ってきたので私としては脈があると感じたのです。その直後に電話を直接かけて久しぶりに彼女の声を聞くとメールでの印象とは変わっていたことに私はショックを受けてしまいました。

彼女は終始愛想が悪く電話を直ぐに切りたがる素振りを何度も行ったのです。私は正直に就職をして彼女と復縁したいことを伝えたのですが、彼女は笑いながら「もう遅いよ」と告げられたのです。

フラれた事にショックを受けたと同時に彼女の冷たさにもショックを受けてしまいしばらく食事が喉をとおらずに大変な思いをしました。それから半年程が経過した頃、共通の友人から彼女が私の知人と結婚することを聞かされて更なるショックに仕事にも身が入りませんでした。

24    26    2    できなかった    就職活動をして正社員になりました。