サークルで付き合っていた彼氏と社会人になって偶然再会

学生時代にサークルで一緒だった彼氏Kとは、毎日のようにデートをして楽しい思い出がいっぱいありました。
そのため「資格試験の勉強で忙しくなるから」という理由で別れを切り出された時には、心に穴がぽっかりと開いてしまったかのようでした。

サークルで一緒といっても大学は別々だった私たち、彼は私と別れると同時にサークルもやめてしまったので、顔を合わせることは全くと言ってよいほどなくなってしまいました。その間は、私がサークルに出向いた時に彼の近況を風の噂で耳にする程度でした。話に聞くのは、いつも彼が試験勉強を頑張っているという話ばかりでした。彼は自分の将来に向けて、本気で頑張っているのだなと思うと、寂しくても自分からは連絡できませんでした。邪魔をしたくなかったからです。

結局、私達は大学卒業まで一度も顔を合わせることがありませんでした。私は卒業までの間、アルバイト先の男の子と仲良くなって、付き合うようになったため、彼のことは正直、あまり気にならなくなってゆきました。

ところが社会人になって数年たったころ、偶然、彼と再会したのです。場所は大きな総合病院でした。といっても彼は患者として病院に来ていたわけではなく、整形外科の先生になっていたのでした。数年経っていたし、白衣を着ていたので、最初は声を掛けられても全然彼だとは気づきませんでした。「R子、何処か具合が悪いの?」と、私を下の名前で呼んだ声で、「あ!彼だ・・」と改めて気がついたのです。

その頃は、私は完全にフリーでした。その日の夜、私達は一緒に食事をして、当時の思い出を色々と語り合いました。あの頃を振り返れば、毎日デートばかりで、楽しかったけど、かなりお互いの時間を束縛しあうような付き合いになってしまっていたことに気づきました。

「今なら互いの時間を大事にしながら、良い付き合いができるんじゃない?」と彼に言われて、私もその場で復縁をOKしました。